ランチョンミート

ランチョンミートを手に入れた

ランチョンミートとは

スパム

ランチョンミートとは、挽き肉に香辛料を加え金型に入れて固めて加熱し、その後冷却して保存性を高めた加工食品です。

食べ方

ランチョンミートはすでに加熱済みのものなのでハムやソーセージのように、缶から出したらそのまますぐに食べられるようになっています。

ハワイのABCストアに行くと必ずどこの店舗でも見る「スパムおにぎり」

サイズがでかくてこれ一つでお腹いっぱいになりそうな見た目で、いろいろ食べたい私は一度も買ったことがありません。

スパムおにぎりのスパムは焼いているようです。

何か作ってみよう!

第1回目はスパム丼を作りたいと思います。

20代前半のころに働いていたカフェで週替わりランチで出していたものなので、私もたまにしか賄いで食べたことがありません。

だいぶ薄れてきている記憶を頼りに作っていきます。

レシピを書きますがほとんど分量は好きなだけご自由にという感じなので適当に書かさせていただきます。

材料

  • スパム         …お好きなだけ
  • 水菜(周りに散らす用) …お好きなだけ
  • 玉ねぎ(周りに散らす用)…お好きなだけ
  • 卵           …1個(2個でもいいんだよ)
  • ご飯          …お好きなだけ
  • マヨネーズ       …お好きなだけ
  • カイワレ大根とかブロッコリースプラウトとか(飾り)…ちょっと

調味料(二人分くらいできます)

  • ケチャップ …大さじ2
  • 酢     …大さじ2
  • 醤油    …大さじ1.5
  • 砂糖    …小さじ1
  • 水     …大さじ1

作り方

①水菜を3㎝ほどの長さに切って洗い、水気を切る。

②玉ねぎを繊維を断ち切るようにスライスし、平らな皿に重ならないように置いて辛味を抜く(10分程度そのままにしておけば辛味が抜けます)

③調味料を合わせておく。

④スパムを缶詰から出して、5㎜ほどの厚さにスライスし、1枚を4等分する。好きなだけ切ってください。

⑤スパムをフライパンで両面焼く。(スパムから脂が出てくるので油は敷かずに)

⑥目玉焼きを焼く。

ここから盛り付け!盛り付けはもうほんとに自由なので、私のやり方をぶわぁっと書きます。

器の真ん中にご飯を盛り、周りに水菜と玉ねぎを散らし、ご飯の上にスパムを乗せ、マヨネーズをジグザクにかけ、合わせた調味料を適量かけ、目玉焼きを乗せて飾りのカイワレ大根をチョンっとおく。見た目のバランスでブラックペッパーを少々。ブラックペッパーかけとけば何でも美味しそうに見えたりするという考えの持ち主。

食べた感想

なんだかとってもジャンキーな味がした。

スパムは8枚使いましたがあと2枚くらい減らしてもよかったかもしれません。

周りに散らす水菜はレタスでいいかなと思いましたが、意外と水菜のみずみずしさがスパムの重さをかき消してくれて美味しく食べられました。

残ったスパムの保存方法

スパム丼を作っただけではまだ5分の1しか消費してません。残りのスパムはどのように保存すればいいの?冷凍できるの?

調べたら冷凍できるようです。スライスしたスパムを1枚1枚ラップしてジップロックに入れるだけで、食べるときは凍ったまま茹でて使用できるそうです。

こんな感じで保存します。

こういう切り方すれば確かにあのハワイのスパムおにぎりの大きさになっちゃうね。と実感しました。

スパム丼の食材費

スパムが税込みで458円でした。

今回のスパム丼では10枚にスライスしたうちの2枚を使用したのでスパムだけで92円弱。

その他水菜や卵などの分も合わせて130円くらいだと思います。

私が働いていたカフェではドリンク付きで980円で提供していたのでそう考えるとめちゃくちゃ得した気分です。

スパムは高いのでスーパーで見てもなかなか手が出ませんでしたが、使いたい分だけ使って後は冷凍できるので、1回買ってしまえばしばらくは持ちそうです。

今回は主食系を作ったので第2回はおかず系を作りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です