妊活

妊娠したい!食事はどうすれば・・・?

妊娠するための身体作り…適正体重とは?

妊娠するための身体作りとして、適正体重に近付けることが大切だそうです。

でも実際周りを見てみると、太ってても痩せてても妊娠する人は妊娠してない?というのが正直な感想です(笑)

しかし実際に太りすぎ、痩せすぎそれぞれにデメリットがあります。

また妊娠して出産までのリスクを考えるとやはり太りすぎも痩せすぎもよくないみたいですね。先のリスクを考えても適正体重に近づけたほうがいいようです。

太りすぎによるデメリット

肥満の人は血流が悪くなるなどして糖質代謝異常や脂質代謝異常をきたし、排卵しにくくなるそうです。

その結果毎月あるはずの排卵が行われないために卵巣の中に卵胞がたくさんたまっていくという多嚢胞性卵巣(PCOS)を合併しやすいそうです。

このPCOSが不妊の原因になることがあります。排卵がされないことの他にホルモン異常を合併し、さらに妊娠しにくい状態になるようです。

肥満を伴ったPCOSと診断された場合、薬などによる治療の前にまず減量をしてくださいと指導されるクリニックもあるようです。肥満の方にとっては減量も立派な不妊治療になるといえます。

痩せすぎによるデメリット

痩せすぎの人は、十分な栄養が摂れていないと考えられます。その結果生命活動にしかエネルギーが利用されず、妊娠するために必要なエネルギーが足りなくなります。生殖機能にまで栄養が行き届かないというイメージでしょうか。そうして排卵障害や無月経などの問題が起こってきます。

痩せすぎの人は通常よりも妊娠するのにかかる時間が4倍もかかることが判明しているようです。肥満の人は通常の2倍の時間がかかるそうなので、実は痩せすぎは肥満よりも深刻なようです。

自分の標準体重はどうやったらわかる?

BMI(Body Mass Index)で自分の肥満度と標準体重が分かります。

BMI= 体重(㎏)÷ (身長m)²

2乗の計算めんどくさい…って思うかもしれませんが計算機でやるときは体重÷身長(m)÷身長(m)でやると簡単に出せます。

BMIが18.5以下の人は痩せ、18.5以上25以下の人は普通体重、25以上の人は肥満となります。

BMI=22となるのが1番理想的ということから、標準体重=22×(身長)²で出すことができます。

妊娠を考えている人が摂るべき栄養素

女性に必要な栄養素

妊娠を考えている人はすでに調べて実行している人が多いと思います。

「葉酸」です。これは妊娠するためにというよりも、妊娠した後の赤ちゃんを守るために前もって摂取しておいたほうが良い栄養素です。

食事だけで十分に葉酸を摂取できればいいのですが、調理する際に成分が減ってしまうなどして十分な量を摂取するのは難しいので、サプリメントで補うことが重要です。

妊娠の1か月以上前に葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害などのリスクを下げることができます。

また、妊娠した後にも摂取し続けることで、早産や胎盤早期剥離、新生児死亡のリスクを下げることができるそうです。

葉酸とは具体的にどんなもの?

葉酸はビタミンB群の一種で、細胞の分裂・増殖・成熟に不可欠なものです。

葉酸が欠乏すると巨赤芽球性貧血や動脈硬化になるリスクが高まります。また、上にも述べたように胎児の神経管閉鎖障害になるリスクが高くなります。神経管閉鎖障害の主は無脳症と二分脊椎症です。

葉酸が含まれている食品は?

葉酸は牛、豚、鶏のレバーに多く含まれています。野菜ではほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。フルーツではいちごやマンゴーに多く含まれています。

葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いので、実際口に入り葉酸が有効に活用される割合は50%にまで減るそうです。そのため葉酸のサプリメントで補うことが必須となり、サプリメントを飲むことで85%の割合で有効に利用できるようになるそうです。

摂取量はどれくらい?

日本人の食事摂取基準(2015年版)を見ると成人女性の推奨量は240㎍で、妊娠前は640㎍、妊婦は480㎍と推奨されているそうです。サプリメントの最大内服量は1日1000㎍以下(1mg以下)を上限としているようです。

また、葉酸がうまく作用されるにはビタミンB6 やビタミンB12が必要です。サプリメントを選ぶときにはこれらのビタミンを含んだものを購入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です