妊活

妊活カテゴリー追加します

実は今なおすけは妊活をしております。不妊治療もしています。

最初になおすけ家がどんな状態かをご紹介します。

日記のようなものを長々と書くので興味ある方は読んでみてください。

2015年に8歳年上の旦那と入籍。入籍して1年後に結婚式をする予定だったので、それまではしっかり避妊してました。

それから1年経ち無事に挙式も終わり落ち着いた頃に、子供がちゃんと出来る身体なのかが気になり、クリニックに行きました。

色々検査をして、特に問題はないとの事で、先生から排卵のタイミングを教えてもらうタイミング法というのを何回か試しました。

ここのクリニックで旦那にも検査をしてもらい、正直数値的にはあまり良い結果ではありませんでした。

でもそのうち授かるだろうと思い、通院をやめてしまいました。

それから1年経ったくらいに引っ越しをし、まだ妊娠できていない状況だったので、引っ越しを機にまた治療に通うことを決めました。

東海地方にいたときのクリニックは小さいクリニックだったので予約時間きっちりに診察してもらうことができましたが、今度はしっかり実績のあるクリニックに通おうと思い、大きなクリニックに通うことにしました。

そしたらものすごい患者さんの数!

しかも私よりも若そうな人もたくさんで、少し衝撃を受けました。

予約時間の1時間後にようやく診察してもらえることも多いです。

不妊で悩んでいる人ってたっくさんいるのだなぁと実感しました。

新しいクリニックで一通り検査をし、今までで一度も陽性反応が出なかったことから、すぐに人工授精を提案されました。

急なステップアップに戸惑いながらも、挑戦することに決めました。

色々検査した上で私自身に不妊の原因というのは見つけられませんでした。

結局8回も人工授精を行い、全て撃沈…

この8回の人工授精で、旦那の検査結果は全て微妙だったり、悪かったり…

完全に男性不妊だと思っていました。

とうとう体外受精へのステップアップを提案され、説明会へ参加してみると想像していた以上の参加者の数でした。

普通ならお金をかけずに妊娠できるはずなのに、何十万何百万とお金をかけてようやく妊娠できる人、それ以上にお金をかけても妊娠できずに泣く泣く諦めて夫婦2人で生きていく事を決断する人もたくさんいます。

そんな中虐待のニュースなどが流れると、「なんでこんな奴のところに子供ができてうちはできないの?」という気持ちに必ずなるのです。

すみません、話がずれていきました。

体外受精へステップアップすることになったわけですが、正直ここまで苦戦するとは思っていなかったので、旦那の数値が悪いのになんで私がこんな辛い治療をしなきゃいけないの?という気持ちが大きくなっていき、旦那との妊活に対する喧嘩が多くなりました。

旦那にはいつも論破されて私が泣いて謝るんですが、腑に落ちない…

おっと。グチを書くつもりはなかったので話を戻します。

体外受精初挑戦。実際経験してみると思っていた以上に負担がすごいです。

ホルモン補充で調整したので病院に通う回数は少ない方なのですが、病院に行く日は必ず採血をし、お尻に筋肉注射を打たれる。この筋肉注射が痛い。個人的には打った後が痛いです。

病院に行かない日は自分でお腹に注射を打ったり点鼻薬をしたり。

そうやって準備をしてようやく採卵です。

採卵は痛かったです。終わった後は顔が真っ赤になってました。

採卵する前までの診察では6個の卵が取れる予定でしたが、実際に取れた正常な卵は3個。

そして受精させるのですが、受精の段階でも旦那の数値的に心配だったので1個の卵は顕微授精という方法をとることにしました。

受精確認で後日クリニックへ行くと、正常な受精を確認できたのはなんと1個だけ…

顕微授精にしたのが正常で、あとの2つのうち1つは全然ダメで、もう1つは正常かどうかは確認できなかったけど受精卵は綺麗な形をしているので一応移植はできるとのことでした。

1回目の移植は正常な受精卵を移植することにして、残った1個は凍結することに。

移植するまでにも膣座薬を1日3回決まった時間に入れないといけず、毎日移植に向けての準備をするのです。一人で。旦那は無関心。おっとグチになりそうだ。

そして待ちに待った移植日。

痛みはなくすぐに終わりました。帰りに判定日までの分の膣座薬を受け取って帰宅。とんでもない座薬の量ですでに疲れる…

でも今お腹の中に入ってくれた卵ちゃんを無事に育てるため!その思いだけで頑張れました。

順調に膣座薬も毎日欠かさずこなし、もう少しで判定日!という時に旦那がインフルエンザになり、もれなく私もうつされました。

判定日前日に尾てい骨が痛くなり大量出血…

あぁ終わったわ。と覚悟はできていました。

後日判定してもらいにクリニックへ行くとやはり陰性。しかし着床すらしていなかったようなのでインフルエンザとかは関係なかったようです。危うく旦那のせいにするところだった。

着床反応が見られなかったというところから着床障害が疑われ、次回子宮鏡検査することに。

そして先日検査を受けてきたら、なんと、慢性子宮内膜炎の疑いがあるとのこと。

子宮内膜炎ってなんやと思い調べると、不妊の原因になるものだそうで…

ずっと旦那だけが原因だと思い込んできたのにここに来て自分にも原因がある事が判明しました。

本来だったら今回移植2回目に挑戦する予定でしたが、一旦中止して子宮内膜炎の治療をすることしました。

治療といっても薬を飲むだけなので負担はありません。

長々と状況を書いてきましたが、次からは料理ブログということもあるので、妊活中に必要な栄養素など、妊活中のみなさまの力になれそうなことを書いていきたいと思います。

とりあえず、妊活している方で一度も陽性反応を見たことがない方は、子宮鏡検査をしたいと先生にお願いしてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です