未分類

食欲って何者?

naosuke
naosuke

食欲がすごくて白米2杯余裕で食べてるでごわす

そもそも食欲というのは身体のどこの機能が働いているのか?

ご飯を食べてお腹がいっぱいになること、しばらくするとまたお腹がすくこと。

こういう時は一体身体の中でどんなことが起きているのか?

今回は食欲の正体について解説していきます。

摂食中枢と満腹中枢

人間には「摂食中枢」と「満腹中枢」というのが脳の視床下部というところにあります。

ざっくり言うと「摂食中枢」が働くと食べる意欲が湧き、食べ物を探したり、実際に食べたりという、食べることに関わる行動をします。

逆に「満腹中枢」は食べて十分な栄養がとれた時に働き、食べる意欲や食べるという行動を抑えます。

naosuke
naosuke

摂食中枢が働くとお腹が空き、お腹がいっぱいになると満腹中枢が働くといった感じ。

ではその摂食中枢と満腹中枢はどんな仕組みで働き出すのか?

この中枢さん達は我々の身体の中の栄養状態をいつも把握してくれています。

naosuke
naosuke

私たちの身体の中には血が流れているうぅ!!!!

そう。この血液中の栄養素で把握してらっしゃるそうです。

脳に運ばれた血液中の栄養素は、摂食中枢と満腹中枢の神経細胞にくっついたり、取り込まれたりします。

食事をすると、炭水化物が分解されてグルコースという単糖になって血液中に吸収されます。

食事を続けてグルコースが増えると、膵臓ではインスリンというホルモンを分泌させてグルコースの量を減らします。

それぞれの中枢たちが働く仕組み

血中グルコース濃度が低くなる。

摂食中枢が活発化。満腹中枢が不活化。(空腹状態)

食べる。

血中グルコース濃度が高くなる。

インスリンが分泌され満腹中枢が活発化。摂食中枢が不活化。(満腹状態)

時間が経って血中グルコース濃度が低くなる。(ここで上に戻る)

naosuke
naosuke

満腹中枢が働くのは栄養素の他にも要因があるんだって。

それは胃の状態。

食べて胃が膨らんだ状態になると、神経細胞の信号が満腹中枢に伝わり、満腹中枢が働いて食べることをやめます。

そして胃の膨らみの情報の他にも、摂食中枢や満腹中枢に働きかけるものがあります。

naosuke
naosuke

テレビでラーメンの特集見てたらお腹空いてきた

これは視覚によるもの。

naosuke
naosuke

お隣さん家からカレーの匂いがしてきてお腹空いてきた。

これは嗅覚によるもの。

naosuke
naosuke

ちょっとおかずつまみ食いしたら本格的にお腹空いてきた。

味覚によっても摂食中枢に働きます。

摂食中枢だけでなく、満腹中枢にも働く場合があります。

naosuke
naosuke

カレーが何故かどぎつい青色で食欲失せた…

とか、

naosuke
naosuke

周りが臭すぎて食べる気にならない…

とか。

ご飯食べようとして入った店がめちゃくちゃ臭かったという経験はないし、きっとそんな店があったらすぐに潰れるだろうけど、やはり食べるときはいい環境で食べたいですね。

ご飯食べて満腹だけどデザートは食べられるのってなんで?

ご飯を食べて胃が膨らんで、血中グルコース濃度も高まると満腹中枢が働いて食べるという行為をやめるはず。

naosuke
naosuke

でもデザートは別腹!!!

不思議と食べられますよね。

では別腹ってなんなのでしょうか。

別腹の正体

別腹というのは、脳の前頭連合野という場所で引き起こされます。

この前頭連合野は食べ物の見た目や匂い、食感など様々な感覚情報をまとめて記憶する場所です。

例えば納豆。

納豆はネバネバしていて、ちょっと臭くて、食感は柔らかい。というように、総合的な情報を記憶しています。

そして納豆は苦手だけれど、健康にいいから食べよう、など、欲求に反して理性的に食べようとコントロールすることも前頭連合野で行われています。

最初に言ったように、別腹は前頭連合野で引き起こされるが、実は「お腹がいっぱいで食べられない」ということではないらしい。

実際には、「味に飽きたから食べられない」という現象が起こっているようです。

同じケーキを何個も食べ続けると、そのうち味に飽きて食べられなくなるが、目の前にしょっぱいおせんべいが出てきたら食べたくなる。というように味が変わると食べることができる。

これを「感覚特異性満腹」といいます。

でも満腹中枢が働いているなら「お腹がいっぱいでもう食べられない」となるのでは?となりますが、驚くことに前頭連合野では、食後のデザートが胃の中に入るスペースまで作ってしまう働きもあるんだそう。

こうして前頭連合野の働きにより、我々は食後に甘いお菓子を食べてしまうのです。

naosuke
naosuke

前頭連合野マジスゲエ

ダイエットのための上手な食事の減らし方

食欲の中枢の働きをうまくコントロールすることができれば上手にダイエットができそうですね。

急激にご飯の量を減らすと、身体がその少ない食事量に適応できず、ずっと空腹状態が続いて満腹中枢が働きません。

そうなるとずっと続く空腹状態に耐えることができなくなり、結局食事量が増えてしまいます。

ついでに筋肉は何もしていなくてもエネルギーを消費するので、筋肉量も減ります。

筋肉量が減るとエネルギーを消費しづらくなるので、結果太りやすい身体になるのです。

naosuke
naosuke

怖や怖や。ダイエットする時はご飯の量は徐々に減らしていこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です